小松崎 茂先生

1915(大正3)年東京南千住に生まれた小松崎茂は、はじめ日本画家を志したが小林秀恒門下で挿絵画家となり、第2次世界大戦時下の国防科学雑誌『機械化』で戦記小説の挿絵や兵器などの図解を多く描いた。精緻で活き活きとした小松崎の絵は評判となり、知る人ぞ知る存在だった。だが、それ以上に小松崎茂が広く知られるようになったのは、敗戦後の復興が本格化しはじめた1948(昭和23)年~51(昭和26)年頃興った子ども向け絵物語のブーム。

当時娯楽に飢えていた少年少女らは、まさに映画を観るように絵物語の挿絵に魅せられた。とりわけ小松崎の描く空想科学冒険物は、今にも動き出しそうにドラマチックな視覚イメージで少年たちの想像力を刺激し、虜にした。小松崎に対しては「大正生まれの宇宙人」とも評された。

少年たちだけではない。

石ノ森章太郎、ちばてつや、松本零士、川崎のぼる、そして藤子不二雄A・・・など、この後来る漫画全盛期を築いた名だたる漫画家たちも、当時は小松崎茂の描く絵物語を愛読し、イメージ豊かなビジュアルが織りなす世界に励まされたという。

やがて1960年代、漫画の台頭に押されて絵物語の人気は衰退してくが、昭和希代の絵師・小松崎茂の勢いは衰えない。得意とする緻密なメカイラストの画力を見込まれ、プラモデルなどのパッケージアート(ボックスアート)を手掛けるようになる。

そして、このプラモデルの箱絵(パッケージ・イラスト)こそが、世に小松崎茂の名を不動のものとする。

タミヤの戦艦・空母・潜水艦・戦闘機、今井科学のサンダーバード、日東科学(現日東科学教材)の1/76スケール戦車、バンダイのロボットと、模型各社のオファーに応えた小松崎のメカイラストは、メーカーの要望と期待以上に迫力のある魅力的なビジュアル表現で模型愛好家を熱狂させ、第1次プラモデルブームを牽引した。

この時の兵器車両や艦船・戦闘機などのイラストから”軍国主義”との批判されることもあった小松崎だが、彼が愛したのはメカとしての機能美、造形美であり、東京大空襲で多くを失い敗戦直後の荒廃を体験した者として、一貫して戦争を忌み嫌い、反戦・平和の姿勢を崩さなかった。

2001(平成13)、心不全で死去。享年86歳であった。(出典︓Wikipediaによる)

上記の作品を印刷製品としたポスターをお買い求めいただけます。ご希望の方は下記フォームをご利用になり、ご一報ください。